Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1987年の世界スポーツプロトタイプカー選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の35年目のシーズン。1987年3月22日にスペインのハラマで開幕し、9月27日に日本の富士で閉幕するまで、全10戦で争われた。富士の翌週に第11戦・最終戦として日本の西仙台(現仙台ハイランド)で360kmレースが予定されていたが、開催1週間前に急遽キャンセルされ、全10戦となった。第6戦ノリスリンクをもってポルシェがワークス参戦を停止したため、世界選手権にワークス参戦するメーカーはジャガーのみとなり、第7戦ブランズハッチではC1クラスの出走台数は7台にまで減少した。シリーズはラウル・ボーセルがドライバーズタイトルを、フェルミン・ベレスがFIAカップを獲得、シルクカット・ジャガーがチームズタイトルを、スパイス・エンジニアリングがFIAカップチームズタイトルを獲得した。ジャガーは10戦中8戦で勝利を収め、残る2戦はポルシェが勝利した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1155153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 379 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48090554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界スポーツプロトタイプカー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1987 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1987年の世界スポーツプロトタイプカー選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の35年目のシーズン。1987年3月22日にスペインのハラマで開幕し、9月27日に日本の富士で閉幕するまで、全10戦で争われた。富士の翌週に第11戦・最終戦として日本の西仙台(現仙台ハイランド)で360kmレースが予定されていたが、開催1週間前に急遽キャンセルされ、全10戦となった。第6戦ノリスリンクをもってポルシェがワークス参戦を停止したため、世界選手権にワークス参戦するメーカーはジャガーのみとなり、第7戦ブランズハッチではC1クラスの出走台数は7台にまで減少した。シリーズはラウル・ボーセルがドライバーズタイトルを、フェルミン・ベレスがFIAカップを獲得、シルクカット・ジャガーがチームズタイトルを、スパイス・エンジニアリングがFIAカップチームズタイトルを獲得した。ジャガーは10戦中8戦で勝利を収め、残る2戦はポルシェが勝利した。
rdfs:label
  • 1987年の世界スポーツプロトタイプカー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of