Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 麴塵袍(きくじんのほう)は、天皇が、臨時祭の庭座、賭弓、弓場始など小儀の際に着用する束帯装束の袍のことである。「麹塵」とはコウジカビの色であり、黄色・緑等諸説がある。古くは『周礼』の王后の六服の一つ「鞠衣」の古注にも見える色名で、桑の若葉をかたどる黄色と言う。しかし桑の若葉は純然たる黄色ではなく黄緑である。『白氏文集』の用例によると、春の柳の芽吹きの色とされる。日本では平安時代前期の文献に散見する「青白橡」(あおしろつるばみ)と同色とされ、「青色」、「山鳩色」とも呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 92964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58913396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 麴塵袍(きくじんのほう)は、天皇が、臨時祭の庭座、賭弓、弓場始など小儀の際に着用する束帯装束の袍のことである。「麹塵」とはコウジカビの色であり、黄色・緑等諸説がある。古くは『周礼』の王后の六服の一つ「鞠衣」の古注にも見える色名で、桑の若葉をかたどる黄色と言う。しかし桑の若葉は純然たる黄色ではなく黄緑である。『白氏文集』の用例によると、春の柳の芽吹きの色とされる。日本では平安時代前期の文献に散見する「青白橡」(あおしろつるばみ)と同色とされ、「青色」、「山鳩色」とも呼ばれた。
rdfs:label
  • 麹塵袍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of