Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『金剛仏子叡尊感身学正記』(こんごうぶつしえいそんかんしんがくしょうき)は、鎌倉時代に真言律宗を開いた僧侶・叡尊の自伝で、感身学正記と略称する場合もある。弘安8年(1285年)、85歳を迎え先が短いと捉え叡尊は、自己の信仰・事業について振り返って後事を門人に託すために同年11月14日に執筆を開始し翌年2月28日に完成され、翌3月までに校正を終えた。出生から醍醐寺における出家と真言密教の修行、仏教界全体の堕落から、覚盛らとともに東大寺で自誓授戒を行ったこと、忍性ら弟子との出会いや西大寺を再興して戒律復興運動や非人・癩病患者救済活動などを行った経緯等を記している。叡尊自身が保持していた諸資料を基にして書かれていること、内容が詳細明晰であること、当時の他の歴史・仏教史料と比べても大きな相違がないことから、鎌倉仏教とその時代における仏教史料として高く評価されている。長谷川誠編『興正菩薩御教誡聴聞集・金剛仏子叡尊感身学正記』(原文校訂)が、没後700年の1990年(平成2年)に、西大寺より刊行。平凡社東洋文庫で、細川涼一訳注『感身学正記 西大寺叡尊の自伝』(全2巻)が、1999年(平成11年)に1巻目のみ刊行(続刊は未刊)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1155599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 37650669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『金剛仏子叡尊感身学正記』(こんごうぶつしえいそんかんしんがくしょうき)は、鎌倉時代に真言律宗を開いた僧侶・叡尊の自伝で、感身学正記と略称する場合もある。弘安8年(1285年)、85歳を迎え先が短いと捉え叡尊は、自己の信仰・事業について振り返って後事を門人に託すために同年11月14日に執筆を開始し翌年2月28日に完成され、翌3月までに校正を終えた。出生から醍醐寺における出家と真言密教の修行、仏教界全体の堕落から、覚盛らとともに東大寺で自誓授戒を行ったこと、忍性ら弟子との出会いや西大寺を再興して戒律復興運動や非人・癩病患者救済活動などを行った経緯等を記している。叡尊自身が保持していた諸資料を基にして書かれていること、内容が詳細明晰であること、当時の他の歴史・仏教史料と比べても大きな相違がないことから、鎌倉仏教とその時代における仏教史料として高く評価されている。長谷川誠編『興正菩薩御教誡聴聞集・金剛仏子叡尊感身学正記』(原文校訂)が、没後700年の1990年(平成2年)に、西大寺より刊行。平凡社東洋文庫で、細川涼一訳注『感身学正記 西大寺叡尊の自伝』(全2巻)が、1999年(平成11年)に1巻目のみ刊行(続刊は未刊)。
rdfs:label
  • 金剛仏子叡尊感身学正記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of