Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 臨時災害放送局(りんじさいがいほうそうきょく)とは、放送法第8条に規定する「臨時かつ一時の目的(総務省令で定めるものに限る。)のための放送」(臨時目的放送)のうち、放送法施行規則第7条第2項第2号に規定する「暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減するために役立つこと」を目的とする放送を行う放送局。「臨時災害放送局」の語は、電波法関係審査基準による。阪神・淡路大震災の際に、兵庫県から災害情報の専用の放送局を開設したい、という要望があって創設された制度である。自治体が免許人となり被災地域を対象に必要最小の出力で、また免許期間は被災者の日常生活が安定するまでの間運用されることになっている。口頭による申請により、即座に免許の付与と周波数の割当が行われる。ただし、コミュニティ放送局(cFM)がある市町村に関しては基本的にcFM設備を使って実施されるため、臨時中継局の開局や空中線電力の臨時増力を申請することになる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 157296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59223206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 臨時災害放送局(りんじさいがいほうそうきょく)とは、放送法第8条に規定する「臨時かつ一時の目的(総務省令で定めるものに限る。)のための放送」(臨時目的放送)のうち、放送法施行規則第7条第2項第2号に規定する「暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減するために役立つこと」を目的とする放送を行う放送局。「臨時災害放送局」の語は、電波法関係審査基準による。阪神・淡路大震災の際に、兵庫県から災害情報の専用の放送局を開設したい、という要望があって創設された制度である。自治体が免許人となり被災地域を対象に必要最小の出力で、また免許期間は被災者の日常生活が安定するまでの間運用されることになっている。口頭による申請により、即座に免許の付与と周波数の割当が行われる。ただし、コミュニティ放送局(cFM)がある市町村に関しては基本的にcFM設備を使って実施されるため、臨時中継局の開局や空中線電力の臨時増力を申請することになる。
rdfs:label
  • 臨時災害放送局
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of