Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 精神安定剤(せいしんあんていざい、Tranquilizer, トランキライザー)は、向精神薬のうち、精神状態を安定させる性質を持つ薬物の総称。チバ社のF・F・ヨンクマンがこのトランキライザーという用語を造語し、レセルピンの作用をあらわすのに1939年に用いた。カーターウォレス社で筋弛緩薬の研究を行っていたフランク・バーガーが鎮静作用の強い物質を発見し、トランキライザーの用語を用いた。1950年代に抗精神病薬やバルビツール酸系しかなかった当初はこれらをトランキライザーと呼んだ。1950年代後半に入って非バルビツール酸系のメプロバメートなどがトランキライザーとして登場した。1960年代にベンゾジアゼピン系の薬剤が登場するとトランキライザーと呼ばれ、対比するように、抗精神病薬はメジャートランキライザー(もしくは強力精神安定剤と呼ぶ)と呼ばれるようになった。その後に1970年代に、ベンゾジアゼピン系の薬剤を単にトランキライザーと呼ぶようになり、依存性が問題になると、抗不安薬という語が用いられるようになった。日本で一般に精神安定剤というと、抗不安薬を意味する場合が多い。これらの薬は脳に直接作用する特徴をもつ。医師の処方せん無しでは入手できない。また、薬医薬品医療機器等法及び麻薬及び向精神薬取締法により厳しく規制されている。また、これらの薬は乱用すれば麻薬と同様、強い依存や正常な脳に非可逆的なダメージを与えることになる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 32885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58904140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 精神安定剤(せいしんあんていざい、Tranquilizer, トランキライザー)は、向精神薬のうち、精神状態を安定させる性質を持つ薬物の総称。チバ社のF・F・ヨンクマンがこのトランキライザーという用語を造語し、レセルピンの作用をあらわすのに1939年に用いた。カーターウォレス社で筋弛緩薬の研究を行っていたフランク・バーガーが鎮静作用の強い物質を発見し、トランキライザーの用語を用いた。1950年代に抗精神病薬やバルビツール酸系しかなかった当初はこれらをトランキライザーと呼んだ。1950年代後半に入って非バルビツール酸系のメプロバメートなどがトランキライザーとして登場した。1960年代にベンゾジアゼピン系の薬剤が登場するとトランキライザーと呼ばれ、対比するように、抗精神病薬はメジャートランキライザー(もしくは強力精神安定剤と呼ぶ)と呼ばれるようになった。その後に1970年代に、ベンゾジアゼピン系の薬剤を単にトランキライザーと呼ぶようになり、依存性が問題になると、抗不安薬という語が用いられるようになった。日本で一般に精神安定剤というと、抗不安薬を意味する場合が多い。これらの薬は脳に直接作用する特徴をもつ。医師の処方せん無しでは入手できない。また、薬医薬品医療機器等法及び麻薬及び向精神薬取締法により厳しく規制されている。また、これらの薬は乱用すれば麻薬と同様、強い依存や正常な脳に非可逆的なダメージを与えることになる。
rdfs:label
  • 精神安定剤
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of