Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第二次大覚醒(だいにじだいかくせい、Second Great Awakening)は、1800年 - 1830年代のアメリカ合衆国史における2番目の大きなリバイバルである。このリバイバルは、キャンプ・ミーティング(野営天幕集会)で新しくされ、救われた経験から成り立っていた。主な指導者には、チャールズ・フィニー(1792-1875)、ライマン・ビーチャー、バートン・ストーン、ピーター・カートライト、 ジェームス・B・フィンレーがいる。活発な福音主義を奨励し、後に刑務所改革、禁酒、女性参政権、奴隷制撤廃運動に至った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1092013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59002278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第二次大覚醒(だいにじだいかくせい、Second Great Awakening)は、1800年 - 1830年代のアメリカ合衆国史における2番目の大きなリバイバルである。このリバイバルは、キャンプ・ミーティング(野営天幕集会)で新しくされ、救われた経験から成り立っていた。主な指導者には、チャールズ・フィニー(1792-1875)、ライマン・ビーチャー、バートン・ストーン、ピーター・カートライト、 ジェームス・B・フィンレーがいる。活発な福音主義を奨励し、後に刑務所改革、禁酒、女性参政権、奴隷制撤廃運動に至った。
rdfs:label
  • 第二次大覚醒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of