Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 神風タクシー(かみかぜタクシー)とは、無謀な運転を行う日本のタクシーのことである。1950年代(昭和30年代前半)になるとモータリゼーションの進行に伴い道路渋滞もおき始めた。歩合給を稼ぐために、速度制限無視、急停車、急発進、信号無視、強引な追い越しなどを行って早く客を拾い、あるいは一瞬でも早く目的地につけて客回転を上げようと無謀な運転を行うタクシーが増えた。この無謀な運転振りを神風特別攻撃隊になぞらえて「神風タクシー」と呼んだ。その命名はだれによるものかは不明だが、「週刊新潮」の記事からと思われる。この主な原因は運転手の固定給の少なさやノルマ制などの労働条件であった。これが社会問題になるとともに、タクシー労組などの運動によって、神風タクシーは基本的になくなった。1959年(昭和34年)8月11日、優良運転者に個人タクシーが初めて認可された。これも神風タクシーがなくなった要因となった。同年、1964年東京オリンピック開催がIOC総会で決定されたこともあり、国家規模で日本のイメージアップのために交通法規が厳しく運用され、神風タクシーは厳しく摘発されてほぼ姿を消した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 702544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59078325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 神風タクシー(かみかぜタクシー)とは、無謀な運転を行う日本のタクシーのことである。1950年代(昭和30年代前半)になるとモータリゼーションの進行に伴い道路渋滞もおき始めた。歩合給を稼ぐために、速度制限無視、急停車、急発進、信号無視、強引な追い越しなどを行って早く客を拾い、あるいは一瞬でも早く目的地につけて客回転を上げようと無謀な運転を行うタクシーが増えた。この無謀な運転振りを神風特別攻撃隊になぞらえて「神風タクシー」と呼んだ。その命名はだれによるものかは不明だが、「週刊新潮」の記事からと思われる。この主な原因は運転手の固定給の少なさやノルマ制などの労働条件であった。これが社会問題になるとともに、タクシー労組などの運動によって、神風タクシーは基本的になくなった。1959年(昭和34年)8月11日、優良運転者に個人タクシーが初めて認可された。これも神風タクシーがなくなった要因となった。同年、1964年東京オリンピック開催がIOC総会で決定されたこともあり、国家規模で日本のイメージアップのために交通法規が厳しく運用され、神風タクシーは厳しく摘発されてほぼ姿を消した。
rdfs:label
  • 神風タクシー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of