Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 磨羯宮(まかつきゅう)は、黄道十二宮の10番目である。トロピカル方式では、獣帯の黄経270度から300度までの領域を占める。つまり冬至から大寒の間、太陽はここに留まる。磨羯宮は四大元素の土に関係していて、金牛宮・処女宮と一緒に地のサインに分類される。磨羯宮と対極のサインは巨蟹宮である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1113899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59052682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 磨羯宮(まかつきゅう)は、黄道十二宮の10番目である。トロピカル方式では、獣帯の黄経270度から300度までの領域を占める。つまり冬至から大寒の間、太陽はここに留まる。磨羯宮は四大元素の土に関係していて、金牛宮・処女宮と一緒に地のサインに分類される。磨羯宮と対極のサインは巨蟹宮である。
rdfs:label
  • 磨羯宮
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:星座 of
is foaf:primaryTopic of