Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生成消滅演算子(せいせいしょうめつえんざんし)は、量子的な調和振動子や多体問題など、量子論において基本変数として広く使われる演算子である。量子論では、正準変数で量子化することでできた量子論を、生成消滅演算子を基本変数にした量子論に書き換えることがしばしば行われる。消滅演算子は、状態の粒子の数を1だけ減らす演算子である。生成演算子は、状態の粒子の数を1だけ増やす演算子で、消滅演算子のエルミート共役をとったものである。生成消滅演算子は様々な粒子の状態に作用することができる。例えば、量子化学や多体理論において、生成消滅演算子は電子状態に作用される。ボース粒子における生成消滅演算子の扱いは、量子的な調和振動子における扱いと同様である。 例えば、同じボース粒子状態に関連する生成消滅演算子の交換子は1に等しく、他のすべての交換子は0である。一方、フェルミ粒子では状況が異なり、交換子のかわりに反交換子が含まれている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2477279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49940130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生成消滅演算子(せいせいしょうめつえんざんし)は、量子的な調和振動子や多体問題など、量子論において基本変数として広く使われる演算子である。量子論では、正準変数で量子化することでできた量子論を、生成消滅演算子を基本変数にした量子論に書き換えることがしばしば行われる。消滅演算子は、状態の粒子の数を1だけ減らす演算子である。生成演算子は、状態の粒子の数を1だけ増やす演算子で、消滅演算子のエルミート共役をとったものである。生成消滅演算子は様々な粒子の状態に作用することができる。例えば、量子化学や多体理論において、生成消滅演算子は電子状態に作用される。ボース粒子における生成消滅演算子の扱いは、量子的な調和振動子における扱いと同様である。 例えば、同じボース粒子状態に関連する生成消滅演算子の交換子は1に等しく、他のすべての交換子は0である。一方、フェルミ粒子では状況が異なり、交換子のかわりに反交換子が含まれている。
rdfs:label
  • 生成消滅演算子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of