Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 琉球政府公務員法(りゅうきゅうせいふこうむいんほう、1953年立法第4号)は、琉球政府公務員について適用すべき各般の根本基準等を定めるために立法院が制定した立法である。琉球列島米国民政府が制定した琉球公務員法(米国民政府布令第76号)に代わる法令として制定された。日本の法令でいえば国家公務員法(昭和22年法律第120号)に相当するものであり、条文の構成も国家公務員法に準拠している。8回改正がなされた。人事行政に関する事務を処理する人事委員会の組織・権限・運営規定を定めるほか、一般職の義務・権利等についての大まかな内容が規定されている。職階制を中心とする人事行政制度を明記しており、琉球政府公務員は原則として何れかの職種・職級に分類されていた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1047736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50611832 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-08
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄りゆうきゆうせいふこうむいんほう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 琉球政府公務員法(りゅうきゅうせいふこうむいんほう、1953年立法第4号)は、琉球政府公務員について適用すべき各般の根本基準等を定めるために立法院が制定した立法である。琉球列島米国民政府が制定した琉球公務員法(米国民政府布令第76号)に代わる法令として制定された。日本の法令でいえば国家公務員法(昭和22年法律第120号)に相当するものであり、条文の構成も国家公務員法に準拠している。8回改正がなされた。人事行政に関する事務を処理する人事委員会の組織・権限・運営規定を定めるほか、一般職の義務・権利等についての大まかな内容が規定されている。職階制を中心とする人事行政制度を明記しており、琉球政府公務員は原則として何れかの職種・職級に分類されていた。
rdfs:label
  • 琉球政府公務員法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of