Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『理央の科学捜査ファイル』(りおのかがくそうさファイル)は、夏緑による日本のライトノベル。イラストは船戸明里が担当。富士見ミステリー文庫刊。富士見ミステリー文庫における創刊作の一翼を担ったシリーズ。作者の夏緑は第6回ファンタジア長編小説大賞を通して富士見ファンタジア文庫より作家デビューを果たし、また『ぼくらの推理ノートシリーズ』(エニックス刊・月刊少年ギャグ王掲載)におけるミステリ漫画の原作者でもあった。よって、創刊作の作家として選ばれ、当シリーズの登場となった。第1作は1993年に執筆された、作者のデビュー前過去作のラジオドラマ『静寂の森』(第1回ABCラジオドラマシナリオ大賞・最終選考候補作)を長編小説にリメイクしたもの。その後、シリーズ作として2作が加えられて全3作となった。当初、作者である夏緑としては第1作で終わらせる予定で執筆したものであり、シリーズ化は予定していなかったようである。第3作のあとがきで作者本人による完結宣言が出て、シリーズは完結した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 703831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52377023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『理央の科学捜査ファイル』(りおのかがくそうさファイル)は、夏緑による日本のライトノベル。イラストは船戸明里が担当。富士見ミステリー文庫刊。富士見ミステリー文庫における創刊作の一翼を担ったシリーズ。作者の夏緑は第6回ファンタジア長編小説大賞を通して富士見ファンタジア文庫より作家デビューを果たし、また『ぼくらの推理ノートシリーズ』(エニックス刊・月刊少年ギャグ王掲載)におけるミステリ漫画の原作者でもあった。よって、創刊作の作家として選ばれ、当シリーズの登場となった。第1作は1993年に執筆された、作者のデビュー前過去作のラジオドラマ『静寂の森』(第1回ABCラジオドラマシナリオ大賞・最終選考候補作)を長編小説にリメイクしたもの。その後、シリーズ作として2作が加えられて全3作となった。当初、作者である夏緑としては第1作で終わらせる予定で執筆したものであり、シリーズ化は予定していなかったようである。第3作のあとがきで作者本人による完結宣言が出て、シリーズは完結した。
rdfs:label
  • 理央の科学捜査ファイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of