Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 現実療法(げんじつりょうほう、英: Reality therapy ; RT)は、心理療法とカウンセリングに対するアプローチの一つである。1960年代にウィリアム・グラッサーにより創始され、従来の精神医学、精神分析や医療モデルの心理療法学派とは異なっている。現実療法においては、精神障害の症状よりも、グラッサーが精神医学の3つのRと呼んだもの—現実主義・責任性・善悪—を重視する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3142954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 7 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54599067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:meshid
  • D011937
prop-ja:name
  • 現実療法
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 現実療法(げんじつりょうほう、英: Reality therapy ; RT)は、心理療法とカウンセリングに対するアプローチの一つである。1960年代にウィリアム・グラッサーにより創始され、従来の精神医学、精神分析や医療モデルの心理療法学派とは異なっている。現実療法においては、精神障害の症状よりも、グラッサーが精神医学の3つのRと呼んだもの—現実主義・責任性・善悪—を重視する。
rdfs:label
  • 現実療法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of