Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 無政府資本主義(むせいふしほんしゅぎ、英: Anarcho-capitalism、アナルコ・キャピタリズム、アナーコ・キャピタリズム)は、右派リバタリアンによる政治思想で、自由市場の自治を重視し、国家の廃止を提唱する。リバタリアン・アナーキー、リバタリアン・アナキズム、ボランティアリズム、私有財産無政府主義、市場無政府主義、自由市場無政府主義などとも呼ばれている。マレー・ロスバードがこの名称を最初に使った。無政府資本主義の社会では、警察や裁判所など全ての治安サービスは税金によってではなく民間の防衛・警備会社によって提供され、通貨は公開市場で民間の競合する銀行によって供給される。従って、無政府資本主義の下では個人や経済活動は、政治によってよりも、私法と契約によって管理される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 633790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54375898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 無政府資本主義(むせいふしほんしゅぎ、英: Anarcho-capitalism、アナルコ・キャピタリズム、アナーコ・キャピタリズム)は、右派リバタリアンによる政治思想で、自由市場の自治を重視し、国家の廃止を提唱する。リバタリアン・アナーキー、リバタリアン・アナキズム、ボランティアリズム、私有財産無政府主義、市場無政府主義、自由市場無政府主義などとも呼ばれている。マレー・ロスバードがこの名称を最初に使った。無政府資本主義の社会では、警察や裁判所など全ての治安サービスは税金によってではなく民間の防衛・警備会社によって提供され、通貨は公開市場で民間の競合する銀行によって供給される。従って、無政府資本主義の下では個人や経済活動は、政治によってよりも、私法と契約によって管理される。
rdfs:label
  • 無政府資本主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:contributions of
is foaf:primaryTopic of