Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 準用(じゅんよう)とは、法律上の用語、概念であり、ある事柄に対する規定を、別の類似した事柄についても元となる規定を論理的に必要な修正を行ったうえでその効果を及ぼすことをいい、これはその旨を示す規定の効力として行われる。条文数を削減することができるというメリットがある。類推適用(るいすいてきよう)とは、法律上の用語、概念であり、ある事柄に関する規定の背後にある趣旨を別の事柄についても及ばせて新たな規範を発見ないし創造しそれを適用するための法解釈技術をいう。そのような趣旨のことを「類推の基礎」という。そして、そのための解釈技術を類推解釈(るいすいかいしゃく)とよぶ。両者は異なる性質のものであるが、もたらす効果が類似することもあり、法学上まとめて解説されることが多く、本稿もそれに倣う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 422289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48970257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 準用(じゅんよう)とは、法律上の用語、概念であり、ある事柄に対する規定を、別の類似した事柄についても元となる規定を論理的に必要な修正を行ったうえでその効果を及ぼすことをいい、これはその旨を示す規定の効力として行われる。条文数を削減することができるというメリットがある。類推適用(るいすいてきよう)とは、法律上の用語、概念であり、ある事柄に関する規定の背後にある趣旨を別の事柄についても及ばせて新たな規範を発見ないし創造しそれを適用するための法解釈技術をいう。そのような趣旨のことを「類推の基礎」という。そして、そのための解釈技術を類推解釈(るいすいかいしゃく)とよぶ。両者は異なる性質のものであるが、もたらす効果が類似することもあり、法学上まとめて解説されることが多く、本稿もそれに倣う。
rdfs:label
  • 準用・類推適用
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of