Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 渡辺 順三(わたなべ じゅんぞう、1894年9月10日-1972年2月26日)は、日本の歌人である。富山県富山市に生まれる。父は没落士族の出で、小学校の校長も勤めたが、順三が12歳のときに亡くなった。そのため、富山中学校に進学もしたが、中退し、母とともに上京して、家具店に住み込みで働くこととなった。1913年、大病をきっかけに短歌の世界に深くはいるようになり、窪田空穂に師事する。そのころ、石川啄木の歌集を読み、啄木の作品にも影響を受けた。雑誌『種蒔く人』にも短歌を投稿し、掲載されるようになる。1923年、家具店をやめ、独立して印刷所を経営する。1920年代の終わりごろ、短歌界にも、プロレタリア文学の動きが波及していく中で、1928年、無産者歌人連盟の結成に参加し、雑誌『短歌戦線』の中心的な働き手となる。しかしその中で、「短歌の詩への解消」を主張する流れが生まれ、無産者歌人連盟も解散してしまう。順三はそれに反対して、勤労大衆の生活実感をうたう新しい短歌の創造を提唱し、1933年、雑誌『短歌評論』を発行した。しかし、戦時中には弾圧を受け、1941年12月に検挙される。戦後1946年、新日本歌人協会の創立に参画し、民主主義文学運動の一翼として活動した。その中で、『近代短歌史』を著し、民衆の立場からの近代短歌の系譜をあとづけた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1678263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53940602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 渡辺 順三(わたなべ じゅんぞう、1894年9月10日-1972年2月26日)は、日本の歌人である。富山県富山市に生まれる。父は没落士族の出で、小学校の校長も勤めたが、順三が12歳のときに亡くなった。そのため、富山中学校に進学もしたが、中退し、母とともに上京して、家具店に住み込みで働くこととなった。1913年、大病をきっかけに短歌の世界に深くはいるようになり、窪田空穂に師事する。そのころ、石川啄木の歌集を読み、啄木の作品にも影響を受けた。雑誌『種蒔く人』にも短歌を投稿し、掲載されるようになる。1923年、家具店をやめ、独立して印刷所を経営する。1920年代の終わりごろ、短歌界にも、プロレタリア文学の動きが波及していく中で、1928年、無産者歌人連盟の結成に参加し、雑誌『短歌戦線』の中心的な働き手となる。しかしその中で、「短歌の詩への解消」を主張する流れが生まれ、無産者歌人連盟も解散してしまう。順三はそれに反対して、勤労大衆の生活実感をうたう新しい短歌の創造を提唱し、1933年、雑誌『短歌評論』を発行した。しかし、戦時中には弾圧を受け、1941年12月に検挙される。戦後1946年、新日本歌人協会の創立に参画し、民主主義文学運動の一翼として活動した。その中で、『近代短歌史』を著し、民衆の立場からの近代短歌の系譜をあとづけた。
rdfs:label
  • 渡辺順三
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of