Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし)は、落語家の名跡。江戸及び東京の落語・柳派の由緒ある名。1959年以降、現在まで50年余にわたって空位。初代春風亭柳枝 - 幼名、亀吉。2代目春風亭柳枝 - 本名不詳。3代目春風亭柳枝 - 通称「蔵前の柳枝」「蔵前の大虎」。柳派頭取。本名、鈴木文吉。4代目春風亭柳枝(初代春風亭華柳) - 通称「牛込の柳枝」「鼠(ねずみ)の殿様」。睦会創設者、初代会長。本名、飯森和平。6代目春風亭柳枝 - 通称「ゴミ六の柳枝」「横浜の柳枝」。本名、松田幸太郎。 本来は5代目だが、「(5代目柳亭左楽と)同じ5代目では恐れ多い」と代数を1つ飛ばし、6代目を名乗った。7代目春風亭柳枝 - 通称「エヘヘの柳枝」。5代目柳亭左楽門人。本名、渡辺金太郎。 8代目春風亭柳枝 - 通称「お結構の勝っちゃん」。4代目柳枝門人。本名、島田勝巳。4代目が睦会を結成し、7代目まで睦会の名跡であった。4代目はもう一つ「春風亭小柳枝」という名跡も作り、柳枝の一つ手前の出世名としてきた。ところが小柳枝の名跡をめぐり日本芸術協会(現落語芸術協会)と睦会が対立した。日本芸術協会が勝利し、小柳枝の名跡を確保した。反面、柳枝の名跡は獲得できず、最後は落語協会に流出させた(1943年に落語協会で8代目襲名)。8代目の弟子であった三遊亭圓彌は8代目遺族との調整がつかず、9代目襲名を断念しており、柳枝を新しく襲名する者はしばらく現れないと思われる。なお、8代目の弟子のうち、春風亭栄枝が存命である。また、上方には桂柳枝(「眼鏡屋の柳枝」かつら りゅうし)、三笑亭柳枝(「提灯屋の柳枝」さんしょうてい りゅうし)、その弟子で漫才師に三遊亭柳枝(さんゆうてい りゅうし)がいるが、全く無関係。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 768477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57186692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし)は、落語家の名跡。江戸及び東京の落語・柳派の由緒ある名。1959年以降、現在まで50年余にわたって空位。初代春風亭柳枝 - 幼名、亀吉。2代目春風亭柳枝 - 本名不詳。3代目春風亭柳枝 - 通称「蔵前の柳枝」「蔵前の大虎」。柳派頭取。本名、鈴木文吉。4代目春風亭柳枝(初代春風亭華柳) - 通称「牛込の柳枝」「鼠(ねずみ)の殿様」。睦会創設者、初代会長。本名、飯森和平。6代目春風亭柳枝 - 通称「ゴミ六の柳枝」「横浜の柳枝」。本名、松田幸太郎。 本来は5代目だが、「(5代目柳亭左楽と)同じ5代目では恐れ多い」と代数を1つ飛ばし、6代目を名乗った。7代目春風亭柳枝 - 通称「エヘヘの柳枝」。5代目柳亭左楽門人。本名、渡辺金太郎。 8代目春風亭柳枝 - 通称「お結構の勝っちゃん」。4代目柳枝門人。本名、島田勝巳。4代目が睦会を結成し、7代目まで睦会の名跡であった。4代目はもう一つ「春風亭小柳枝」という名跡も作り、柳枝の一つ手前の出世名としてきた。ところが小柳枝の名跡をめぐり日本芸術協会(現落語芸術協会)と睦会が対立した。日本芸術協会が勝利し、小柳枝の名跡を確保した。反面、柳枝の名跡は獲得できず、最後は落語協会に流出させた(1943年に落語協会で8代目襲名)。8代目の弟子であった三遊亭圓彌は8代目遺族との調整がつかず、9代目襲名を断念しており、柳枝を新しく襲名する者はしばらく現れないと思われる。なお、8代目の弟子のうち、春風亭栄枝が存命である。また、上方には桂柳枝(「眼鏡屋の柳枝」かつら りゅうし)、三笑亭柳枝(「提灯屋の柳枝」さんしょうてい りゅうし)、その弟子で漫才師に三遊亭柳枝(さんゆうてい りゅうし)がいるが、全く無関係。
rdfs:label
  • 春風亭柳枝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of