Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 映画の盗撮の防止に関する法律(えいがのとうさつのぼうしにかんするほうりつ、平成19年5月30日法律第65号)は、映画館における映画の盗撮行為を禁止するために制定された日本の法律である。超党派の議員立法により成立し、2007年5月30日に公布、8月30日に施行された。略称、映画盗撮防止法。映画館における映画の録音・録画を原則として「盗撮」と扱い、私的使用を目的とした著作物の複製には著作権が及ばないとする著作権制限規定(著作権法30条1項)を適用しないこととした。その結果、映画の盗撮(音声の録音を含む)は原則として著作権(複製権)の侵害となり、刑事罰の対象になる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1106105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59095425 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 映画館における映画の盗撮行為には著作権法30条1項(私的複製)の適用排除等
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-30
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • 映画盗撮防止法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 映画の盗撮の防止に関する法律
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 映画の盗撮の防止に関する法律(えいがのとうさつのぼうしにかんするほうりつ、平成19年5月30日法律第65号)は、映画館における映画の盗撮行為を禁止するために制定された日本の法律である。超党派の議員立法により成立し、2007年5月30日に公布、8月30日に施行された。略称、映画盗撮防止法。映画館における映画の録音・録画を原則として「盗撮」と扱い、私的使用を目的とした著作物の複製には著作権が及ばないとする著作権制限規定(著作権法30条1項)を適用しないこととした。その結果、映画の盗撮(音声の録音を含む)は原則として著作権(複製権)の侵害となり、刑事罰の対象になる。
rdfs:label
  • 映画の盗撮の防止に関する法律
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of