Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抽象解釈(ちゅうしょうかいしゃく、英: Abstract interpretation)は、コンピュータプログラムの意味論の健全な近似の理論であり、順序集合(特に束)における単調関数に基づいている。全ての計算を実施することなく、プログラムの部分的な実行(ある種の部分評価)をするものと見ることができ、それによりプログラムの意味に関する情報(例えば、制御構造、情報の流れなど)を獲得する。主な応用として、形式的な静的コード解析があり、プログラム実行に関する情報を自動抽出するものである。このような解析には次の2つの利用法がある。 コンパイラ内部で、対象プログラムを解析し、特定の最適化やプログラムの変換が可能かどうかを決定する。 デバッグ時や、特定の種類のバグが存在しないことを保証するとき。抽象解釈は、Patrick Cousot と Radhia Cousot によって定式化された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1150064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6212 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51385780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抽象解釈(ちゅうしょうかいしゃく、英: Abstract interpretation)は、コンピュータプログラムの意味論の健全な近似の理論であり、順序集合(特に束)における単調関数に基づいている。全ての計算を実施することなく、プログラムの部分的な実行(ある種の部分評価)をするものと見ることができ、それによりプログラムの意味に関する情報(例えば、制御構造、情報の流れなど)を獲得する。主な応用として、形式的な静的コード解析があり、プログラム実行に関する情報を自動抽出するものである。このような解析には次の2つの利用法がある。 コンパイラ内部で、対象プログラムを解析し、特定の最適化やプログラムの変換が可能かどうかを決定する。 デバッグ時や、特定の種類のバグが存在しないことを保証するとき。抽象解釈は、Patrick Cousot と Radhia Cousot によって定式化された。
rdfs:label
  • 抽象解釈
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of