Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学において、折れ線形分子構造(Bent molecular geometry)とは、非共有電子対の存在によって分子の結合角が180°ではない値になった分子構造である。例としては、水分子(H2O)が有名であり、その結合角は104.45°である。主族元素のみを含む非直線形三原子分子には他に、NO2、SCl2、CH2などがある。この分子構造はVSEPR理論においてよく用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1658829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47480076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学において、折れ線形分子構造(Bent molecular geometry)とは、非共有電子対の存在によって分子の結合角が180°ではない値になった分子構造である。例としては、水分子(H2O)が有名であり、その結合角は104.45°である。主族元素のみを含む非直線形三原子分子には他に、NO2、SCl2、CH2などがある。この分子構造はVSEPR理論においてよく用いられる。
rdfs:label
  • 折れ線形
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of