Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 我妻堯(我妻尭、わがつま たかし、1930年1月9日- )は、産婦人科医、法医学者。我妻栄の次男として東京に生まれる。1955年東京大学医学部卒、60年同大学院生物研究科修了、「妊娠中毒症の腎クリアランスに関する研究、特に四型分類との関係について」で医学博士、東大医学部助手。1962年ロンドン大学に学ぶ。1964年米国ジョンズホプキンス大学に学ぶ。66年帰国、愛育病院産婦人科部長、東大講師、助教授、1976年国立病院医療センター産婦人科部長、86年同国際医療協力部初代部長。母子保健や家族計画、医事法学などを研究、発展途上国への医療協力事業にとりくんだ。子は法学者・我妻学。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3189229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54884014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 我妻堯(我妻尭、わがつま たかし、1930年1月9日- )は、産婦人科医、法医学者。我妻栄の次男として東京に生まれる。1955年東京大学医学部卒、60年同大学院生物研究科修了、「妊娠中毒症の腎クリアランスに関する研究、特に四型分類との関係について」で医学博士、東大医学部助手。1962年ロンドン大学に学ぶ。1964年米国ジョンズホプキンス大学に学ぶ。66年帰国、愛育病院産婦人科部長、東大講師、助教授、1976年国立病院医療センター産婦人科部長、86年同国際医療協力部初代部長。母子保健や家族計画、医事法学などを研究、発展途上国への医療協力事業にとりくんだ。子は法学者・我妻学。
rdfs:label
  • 我妻堯
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子供 of
is foaf:primaryTopic of