『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された。 スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された。 スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている。 (ja)
  • 『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された。 スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている。 (ja)
dbo:basedOn
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3076557 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 31010 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81481185 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 103 (xsd:integer)
prop-ja:主題歌
prop-ja:作品名
  • 思い出のマーニー (ja)
  • 思い出のマーニー (ja)
prop-ja:公開
  • --01-14
  • --03-19
  • --05-22
  • --07-19
prop-ja:出演者
prop-ja:制作会社
prop-ja:前番組
  • ハウルの動く城 (ja)
  • (2015.10.2) (ja)
  • ハウルの動く城 (ja)
  • (2015.10.2) (ja)
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
  • 田村淳 (ja)
  • 芝原秀典 (ja)
  • 薮田順二 (ja)
  • 田村淳 (ja)
  • 芝原秀典 (ja)
  • 薮田順二 (ja)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:次番組
  • 96 (xsd:integer)
  • (2015.10.16) (ja)
prop-ja:画像
  • When Marnie Was There logo.png (ja)
  • When Marnie Was There logo.png (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:番組名
  • 思い出のマーニー (ja)
  • (2015.10.9) (ja)
  • 思い出のマーニー (ja)
  • (2015.10.9) (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
  • 松原理恵 (ja)
  • 松原理恵 (ja)
prop-ja:脚本
prop-ja:興行収入
  • 35.300000 (xsd:double)
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 東宝 (ja)
  • GKIDS (ja)
  • 東宝 (ja)
  • GKIDS (ja)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された。 スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている。 (ja)
  • 『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された。 スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている。 (ja)
rdfs:label
  • 思い出のマーニー (ja)
  • 思い出のマーニー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 思い出のマーニー (ja)
  • 思い出のマーニー (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of