Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 御器所村(ごきそむら)は、かつて愛知県愛知郡にあった村。現在の名古屋市昭和区にほぼ該当する。村名の「御器所」は、熱田神宮が祭礼に使用する土器を製作していた地という意味であるという説がある。1918年から1926年まで、愛知郡役所が設置されていた村である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1990006 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58645630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:よみがな
  • ごきそむら
prop-ja:シンボル名
  • 他のシンボル
prop-ja:人口
  • 15942 (xsd:integer)
prop-ja:区分
prop-ja:廃止日
  • --08-22
prop-ja:廃止理由
  • 編入
prop-ja:所在地
  • 愛知郡御器所村大字広路字池下22、23番地
prop-ja:現在の自治体
prop-ja:自治体名
  • 御器所村
prop-ja:
  • 愛知郡
prop-ja:都道府県
  • 愛知県
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 御器所村(ごきそむら)は、かつて愛知県愛知郡にあった村。現在の名古屋市昭和区にほぼ該当する。村名の「御器所」は、熱田神宮が祭礼に使用する土器を製作していた地という意味であるという説がある。1918年から1926年まで、愛知郡役所が設置されていた村である。
rdfs:label
  • 御器所村
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of