岡田武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)。 選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。 現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たし、日本が世界に誇る、もっとも優れた名監督の一人とされる。 「岡ちゃん」の愛称で知られる。眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。

Property Value
dbo:Person/height
  • 175.0
dbo:Person/weight
  • 70.0
dbo:abstract
  • 岡田武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)。 選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。 現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たし、日本が世界に誇る、もっとも優れた名監督の一人とされる。 「岡ちゃん」の愛称で知られる。眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。 (ja)
  • 岡田武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)。 選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。 現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たし、日本が世界に誇る、もっとも優れた名監督の一人とされる。 「岡ちゃん」の愛称で知られる。眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1956-08-25 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:commonName
  • 岡田武史 (ja)
  • 岡田武史 (ja)
dbo:height
  • 1.750000 (xsd:double)
dbo:position
dbo:weight
  • 70000.000000 (xsd:double)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 66183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29751 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81411210 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • サッカー日本代表監督 (ja)
  • タイトル・受賞歴 (ja)
  • サッカー日本代表監督 (ja)
  • タイトル・受賞歴 (ja)
prop-ja:titlestyle
  • background: gold; color:black; (ja)
  • background:#0000DD; color:#FFFFFF; (ja)
  • background: gold; color:black; (ja)
  • background:#0000DD; color:#FFFFFF; (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルファベット表記
  • OKADA Takeshi (ja)
  • OKADA Takeshi (ja)
prop-ja:カタカナ表記
  • オカダ タケシ (ja)
  • オカダ タケシ (ja)
prop-ja:クラブ
  • 古河電工 (ja)
  • 古河電工 (ja)
prop-ja:クラブ成績更新日
  • --04-12
prop-ja:ポジション
prop-ja:代表出場
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:代表年
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:代表得点
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:代表成績更新日
  • --07-03
prop-ja:体重
  • 70.0
prop-ja:出場
  • 189 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 大阪府大阪市 (ja)
  • 大阪府大阪市 (ja)
prop-ja:名前
  • 岡田武史 (ja)
  • 岡田武史 (ja)
prop-ja:
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:得点
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:愛称
  • 岡ちゃん (ja)
  • 岡ちゃん (ja)
prop-ja:監督チーム
  • 横浜F・マリノス (ja)
  • コンサドーレ札幌 (ja)
  • 日本代表 (ja)
  • 杭州緑城 (ja)
  • 横浜F・マリノス (ja)
  • コンサドーレ札幌 (ja)
  • 日本代表 (ja)
  • 杭州緑城 (ja)
prop-ja:監督年
  • 1997 (xsd:integer)
  • 1999 (xsd:integer)
  • 2003 (xsd:integer)
  • 2007 (xsd:integer)
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1956-08-25 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 175.0
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 岡田武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)。 選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。 現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たし、日本が世界に誇る、もっとも優れた名監督の一人とされる。 「岡ちゃん」の愛称で知られる。眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。 (ja)
  • 岡田武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)。 選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーし、サッカー日本代表として国際Aマッチ24試合に出場。 現役引退後は指導者の道に進み、サッカー日本代表のコーチを務めていた1997年、加茂周の更迭に伴って監督に昇格。日本代表を初のFIFAワールドカップ出場に導き、1998 FIFAワールドカップ本大会でも指揮を執った。2007年から再び日本代表の監督を務め、2010 FIFAワールドカップでベスト16。クラブチームではコンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、中国の杭州緑城の監督を歴任した。横浜FMでは2003年、2004年とJ1リーグ連続優勝を果たし、日本が世界に誇る、もっとも優れた名監督の一人とされる。 「岡ちゃん」の愛称で知られる。眼鏡がトレードマークで、現役時代には眼鏡を外さずプレーしていたこともある(但し、現在一般に公開されている現役時代の写真等では眼鏡を外しているものも少なくない)。 (ja)
rdfs:label
  • 岡田武史 (ja)
  • 岡田武史 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 岡田武史 (ja)
  • OKADA Takeshi (ja)
  • オカダ タケシ (ja)
  • 岡田武史 (ja)
  • OKADA Takeshi (ja)
  • オカダ タケシ (ja)
foaf:nick
  • 岡ちゃん (ja)
  • 岡ちゃん (ja)
is dbo:owner of
is dbo:owningCompany of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:name of
is prop-ja:text of
is prop-ja:監督 of
is foaf:primaryTopic of