Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小浜神社の九本ダモ(おばまじんじゃのきゅうほんダモ)は、福井県小浜市の小浜神社境内に生育していたタブノキの巨木である。推定の樹齢は400年とも500年ともいわれた。タブノキとしては日本国内で有数の巨木であり、9本の支幹が株立ちになって分岐した姿から「九本ダモ」と呼ばれて1931年(昭和6年)に国の天然記念物に指定された。しかし樹勢の衰退を食い止めることができず支幹が次々と枯死していき、2003年(平成15年)には最後の1本が枯死した。このため、2004年(平成16年)9月30日付けで国の天然記念物の指定を解除されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2852794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53699083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 35.50411944444444 135.74609166666667
rdf:type
rdfs:comment
  • 小浜神社の九本ダモ(おばまじんじゃのきゅうほんダモ)は、福井県小浜市の小浜神社境内に生育していたタブノキの巨木である。推定の樹齢は400年とも500年ともいわれた。タブノキとしては日本国内で有数の巨木であり、9本の支幹が株立ちになって分岐した姿から「九本ダモ」と呼ばれて1931年(昭和6年)に国の天然記念物に指定された。しかし樹勢の衰退を食い止めることができず支幹が次々と枯死していき、2003年(平成15年)には最後の1本が枯死した。このため、2004年(平成16年)9月30日付けで国の天然記念物の指定を解除されている。
rdfs:label
  • 小浜神社の九本ダモ
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.504120 (xsd:float)
geo:long
  • 135.746094 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of