Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 寺沢 忠晴(てらざわ ただはる、慶長5年(1600年) - 元和8年4月1日(1622年5月11日))は、江戸時代初期の武士。肥前唐津藩の嫡子。唐津藩初代藩主・寺沢広高の長男。母は妻木貞徳の娘。官位は従五位下、式部少輔。法名は来雲。肥前唐津藩12万石を治めた寺沢広高の嫡男として生まれる。慶長16年(1611年)叙任し、慶長12年(1607年)、豊臣姓を下賜された。元和6年(1620年)には徳川秀忠への御目見を果たしたが、家督を継ぐことなく元和8年(1622年)に23歳で早世した。代わって、弟の堅高が嫡子となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1961599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52939181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 寺沢 忠晴(てらざわ ただはる、慶長5年(1600年) - 元和8年4月1日(1622年5月11日))は、江戸時代初期の武士。肥前唐津藩の嫡子。唐津藩初代藩主・寺沢広高の長男。母は妻木貞徳の娘。官位は従五位下、式部少輔。法名は来雲。肥前唐津藩12万石を治めた寺沢広高の嫡男として生まれる。慶長16年(1611年)叙任し、慶長12年(1607年)、豊臣姓を下賜された。元和6年(1620年)には徳川秀忠への御目見を果たしたが、家督を継ぐことなく元和8年(1622年)に23歳で早世した。代わって、弟の堅高が嫡子となった。
rdfs:label
  • 寺沢忠晴
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of