家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう、昭和37年5月4日法律第104号)は、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする法律(第1条)。 この法律が対象とする「家庭用品」とは、「一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの」(第2条 第1項)とされる。 過去には繊維製品品質表示法(昭和30年8月15日法律第166号)が存在していたが、家庭用品品質表示法が昭和37年5月4日に公布・同年10月1日に施行されたことで、繊維製品品質表示法は廃止となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう、昭和37年5月4日法律第104号)は、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする法律(第1条)。 この法律が対象とする「家庭用品」とは、「一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの」(第2条 第1項)とされる。 過去には繊維製品品質表示法(昭和30年8月15日法律第166号)が存在していたが、家庭用品品質表示法が昭和37年5月4日に公布・同年10月1日に施行されたことで、繊維製品品質表示法は廃止となった。 (ja)
  • 家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう、昭和37年5月4日法律第104号)は、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする法律(第1条)。 この法律が対象とする「家庭用品」とは、「一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの」(第2条 第1項)とされる。 過去には繊維製品品質表示法(昭和30年8月15日法律第166号)が存在していたが、家庭用品品質表示法が昭和37年5月4日に公布・同年10月1日に施行されたことで、繊維製品品質表示法は廃止となった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 50180 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2869 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75567921 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 家庭用品の品質に関する表示の適正化など (ja)
  • 家庭用品の品質に関する表示の適正化など (ja)
prop-ja:効力
  • 現行法 (ja)
  • 現行法 (ja)
prop-ja:番号
  • 昭和37年法律第104号 (ja)
  • 昭和37年法律第104号 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 家庭用品品質表示法 (ja)
  • 家庭用品品質表示法 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう、昭和37年5月4日法律第104号)は、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする法律(第1条)。 この法律が対象とする「家庭用品」とは、「一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの」(第2条 第1項)とされる。 過去には繊維製品品質表示法(昭和30年8月15日法律第166号)が存在していたが、家庭用品品質表示法が昭和37年5月4日に公布・同年10月1日に施行されたことで、繊維製品品質表示法は廃止となった。 (ja)
  • 家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう、昭和37年5月4日法律第104号)は、家庭用品の品質に関する表示の適正化を図り、一般消費者の利益を保護することを目的とする法律(第1条)。 この法律が対象とする「家庭用品」とは、「一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの」(第2条 第1項)とされる。 過去には繊維製品品質表示法(昭和30年8月15日法律第166号)が存在していたが、家庭用品品質表示法が昭和37年5月4日に公布・同年10月1日に施行されたことで、繊維製品品質表示法は廃止となった。 (ja)
rdfs:label
  • 家庭用品品質表示法 (ja)
  • 家庭用品品質表示法 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of