Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮の本遺跡(みやのもといせき)は長崎県佐世保市高島町にある縄文時代前期から古墳時代の遺跡。九十九島に含まれる高島の南部、最南端の番岳と北部の山間部をつなぐ砂州上にあり、高島町の集落と重なっている。このため、遺跡の発見より以前から散発的に人骨が出土しており、そのたびに現地の人々は「骨さま」と称した石塚に埋葬していた。昭和52年(1977年)に宅地改築のため整地したところ人骨が発見され、ようやく佐世保市教育委員会による発掘調査が始まった。縄文海進と呼ばれる時期には波打ち際だったため、縄文時代前-後期の遺物は遺跡北部の砂州上に満遍なく打ち寄せられて散在し、包含層を形成できない。包含層が顕著なのは縄文時代晩期と弥生時代の遺構である。縄文晩期の包含層からは多数の山ノ寺式土器や磨製石斧、石組みの土壙墓と人体1体が発見された。最も重要な弥生時代の包含層からは、中央部の墓地から40基の墓と40体の人骨、多数の副葬品が出土している。墓は箱式石棺、土壙、甕棺が混在する。石棺は男性が中心で土壙は女性が中心であることから、性別による埋葬法の差別化・区別化があったと推定される。8体の女性は左手首にイモガイの腕輪をつけて埋葬されていた。イモガイは南西諸島原産であるにもかかわらず、北海道の有珠十遺跡でも発掘されており、古くから宝物として珍重されていた。宮の本が貝の流通ルートの途上にあったことが実証された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 880599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59192698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮の本遺跡(みやのもといせき)は長崎県佐世保市高島町にある縄文時代前期から古墳時代の遺跡。九十九島に含まれる高島の南部、最南端の番岳と北部の山間部をつなぐ砂州上にあり、高島町の集落と重なっている。このため、遺跡の発見より以前から散発的に人骨が出土しており、そのたびに現地の人々は「骨さま」と称した石塚に埋葬していた。昭和52年(1977年)に宅地改築のため整地したところ人骨が発見され、ようやく佐世保市教育委員会による発掘調査が始まった。縄文海進と呼ばれる時期には波打ち際だったため、縄文時代前-後期の遺物は遺跡北部の砂州上に満遍なく打ち寄せられて散在し、包含層を形成できない。包含層が顕著なのは縄文時代晩期と弥生時代の遺構である。縄文晩期の包含層からは多数の山ノ寺式土器や磨製石斧、石組みの土壙墓と人体1体が発見された。最も重要な弥生時代の包含層からは、中央部の墓地から40基の墓と40体の人骨、多数の副葬品が出土している。墓は箱式石棺、土壙、甕棺が混在する。石棺は男性が中心で土壙は女性が中心であることから、性別による埋葬法の差別化・区別化があったと推定される。8体の女性は左手首にイモガイの腕輪をつけて埋葬されていた。イモガイは南西諸島原産であるにもかかわらず、北海道の有珠十遺跡でも発掘されており、古くから宝物として珍重されていた。宮の本が貝の流通ルートの途上にあったことが実証された。
rdfs:label
  • 宮の本遺跡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of