Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宇宙進化論(Cosmogony)は、存在の起源、宇宙の起源、現実の起源に関する理論である。語源はギリシア語で、「宇宙、世界」を意味するκοσμογονίαと「生まれる、起こる」を意味するγέγοναである。宇宙科学や天文学の文脈では、この用語は太陽系の形成を意味することが多い。自然主義の宇宙進化論を作ろうとする試みは、2つの条件によって制約される。1つは科学哲学や科学自体の認識論的制約、特に科学は「なぜ」宇宙が存在するのか問うことができるか否かという制約に基づくものである。もう1つのさらにプラグマティズム的問題は、量子重力についての試験可能な理論がないため、プランク時間以内の宇宙の存在の最初の瞬間について物理学的に説明する方法がないということである。しかし、弦理論学者は、弦理論を用いて記述する公式が得られると信じている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2276040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51710267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宇宙進化論(Cosmogony)は、存在の起源、宇宙の起源、現実の起源に関する理論である。語源はギリシア語で、「宇宙、世界」を意味するκοσμογονίαと「生まれる、起こる」を意味するγέγοναである。宇宙科学や天文学の文脈では、この用語は太陽系の形成を意味することが多い。自然主義の宇宙進化論を作ろうとする試みは、2つの条件によって制約される。1つは科学哲学や科学自体の認識論的制約、特に科学は「なぜ」宇宙が存在するのか問うことができるか否かという制約に基づくものである。もう1つのさらにプラグマティズム的問題は、量子重力についての試験可能な理論がないため、プランク時間以内の宇宙の存在の最初の瞬間について物理学的に説明する方法がないということである。しかし、弦理論学者は、弦理論を用いて記述する公式が得られると信じている。
rdfs:label
  • 宇宙進化論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of