Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『大陸と海洋の起源』(たいりくとかいようのきげん、独:Die Entstehung der Kontinente und Ozeane)は、1915年にドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが著した著作であり、彼の主著であるとともに、大陸移動説について論じた古典的名著である。版を重ねるごとに全面的に書き直されており、最終改訂は1929年の第四版である。本書が主張した大陸の移動は、後のプレートテクトニクス理論によって実証されているが、現在は当時よりも研究が進んでおり、本書の内容には少なからず誤りがあることが分かっている。しかしながら、自然科学の真理を探究する過程を描写した点において、本書は古典としての大きな意義を持っている。 初版 - 1915年 第二版 - 1920年 第三版 - 1922年 第四版 - 1929年
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59193043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:imageCaption
  • 第4版の表紙
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • Die Entstehung der Kontinente und Ozeane
prop-ja:published
  • 1915 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 大陸と海洋の起源
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『大陸と海洋の起源』(たいりくとかいようのきげん、独:Die Entstehung der Kontinente und Ozeane)は、1915年にドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが著した著作であり、彼の主著であるとともに、大陸移動説について論じた古典的名著である。版を重ねるごとに全面的に書き直されており、最終改訂は1929年の第四版である。本書が主張した大陸の移動は、後のプレートテクトニクス理論によって実証されているが、現在は当時よりも研究が進んでおり、本書の内容には少なからず誤りがあることが分かっている。しかしながら、自然科学の真理を探究する過程を描写した点において、本書は古典としての大きな意義を持っている。 初版 - 1915年 第二版 - 1920年 第三版 - 1922年 第四版 - 1929年
rdfs:label
  • 大陸と海洋の起源
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Die Entstehung der Kontinente und Ozeane
  • 大陸と海洋の起源
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of