Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 六代目 大谷友右衛門(ろくだいめ おおたに ともえもん、1886年(明治19年)6月1日 - 1943年(昭和18年)9月10日)は大正から昭和戦前期に活躍した歌舞伎役者。屋号は明石屋。 定紋は丸十、替紋は水仙丸。本名は青木 八重太郎(あおき やえたろう)。歌舞伎役者中村鷺助の子として東京浅草に生まれる。父が下回りの役者だったことから幼くして歌舞伎の世界に入り、五代目中村歌右衛門に入門。明治24年(1891年)、浅草座で中村翫兵衛を名乗って初舞台。明治31年(1898年)6月に中村翫、翌年1月に初代中村おもちゃと名乗り、初代中村吉右衛門や初代助高屋小傳次らの子供芝居に出る。明治35年(1902年)6月、市村座において中村駒助を襲名。次第に才能が認められ明治44年(1911年)11月歌舞伎座『鎌倉武鑑』で五代目中村東蔵を襲名。そして大正9年(1920年)4月に六代目大谷友右衛門を襲名した。門閥外から幹部に出世した努力の人で、律儀な性格を反映した手堅い芸風と、多くの役をそつなくこなす器用さが持ち味だった。主に六代目尾上菊五郎の舞台を勤め、『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」の春藤玄番、『神霊矢口渡』の頓兵衛、『雪暮夜入谷畦道』(三千歳と直侍)の丈賀、『怪談牡丹灯篭』の志丈、『仮名手本忠臣蔵』「九段目」の本蔵、『伊賀越道中雙六』「岡崎」の幸兵衛、『本朝廿四孝』「筍掘り」の老女越路、『平家女護島』「俊寛」の瀬尾太郎などの丸本物や世話物のほか、新歌舞伎『巷談宵宮雨』の太十などが冴えた。昭和18年(1943年)9月10日、巡業先の鳥取で鳥取大地震に遭い、楽屋として使っていた家屋が倒壊して死亡。死の直前に大谷宗家継承が内定しており、葬儀に際し継承式が未亡人に対して行われた。子に二代目中村福之丞と、四代目中村雀右衛門(七代目大谷友右衛門)がいる。 
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1115635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58601568 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-20
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • ろくだいめ おおたに ともえもん
prop-ja:ソートキー
  • 人1943年没
prop-ja:俳名
  • 斗玉・紫道
prop-ja:出身地
  • 東京市浅草区
prop-ja:
prop-ja:定紋
  • 丸十 50px
prop-ja:屋号
prop-ja:本名
  • 青木八重太郎
prop-ja:没年
  • 1943 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:生年
  • 1886 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 『助六由縁江戸桜』の髭の意休(実ハ)伊賀平左衛門
prop-ja:画像サイズ
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Tomoemon Ōtani VI as Hige no Ikyū jitus-wa Iga Heinai-zaemon.jpg
prop-ja:芸名
  • 六代目 大谷友右衛門
prop-ja:襲名歴
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 六代目 大谷友右衛門(ろくだいめ おおたに ともえもん、1886年(明治19年)6月1日 - 1943年(昭和18年)9月10日)は大正から昭和戦前期に活躍した歌舞伎役者。屋号は明石屋。 定紋は丸十、替紋は水仙丸。本名は青木 八重太郎(あおき やえたろう)。歌舞伎役者中村鷺助の子として東京浅草に生まれる。父が下回りの役者だったことから幼くして歌舞伎の世界に入り、五代目中村歌右衛門に入門。明治24年(1891年)、浅草座で中村翫兵衛を名乗って初舞台。明治31年(1898年)6月に中村翫、翌年1月に初代中村おもちゃと名乗り、初代中村吉右衛門や初代助高屋小傳次らの子供芝居に出る。明治35年(1902年)6月、市村座において中村駒助を襲名。次第に才能が認められ明治44年(1911年)11月歌舞伎座『鎌倉武鑑』で五代目中村東蔵を襲名。そして大正9年(1920年)4月に六代目大谷友右衛門を襲名した。門閥外から幹部に出世した努力の人で、律儀な性格を反映した手堅い芸風と、多くの役をそつなくこなす器用さが持ち味だった。主に六代目尾上菊五郎の舞台を勤め、『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」の春藤玄番、『神霊矢口渡』の頓兵衛、『雪暮夜入谷畦道』(三千歳と直侍)の丈賀、『怪談牡丹灯篭』の志丈、『仮名手本忠臣蔵』「九段目」の本蔵、『伊賀越道中雙六』「岡崎」の幸兵衛、『本朝廿四孝』「筍掘り」の老女越路、『平家女護島』「俊寛」の瀬尾太郎などの丸本物や世話物のほか、新歌舞伎『巷談宵宮雨』の太十などが冴えた。昭和18年(1943年)9月10日、巡業先の鳥取で鳥取大地震に遭い、楽屋として使っていた家屋が倒壊して死亡。死の直前に大谷宗家継承が内定しており、葬儀に際し継承式が未亡人に対して行われた。子に二代目中村福之丞と、四代目中村雀右衛門(七代目大谷友右衛門)がいる。 
rdfs:label
  • 大谷友右衛門 (6代目)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of