Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 多田 知実(ただ ともざね、生没年不詳)は、平安時代末期の武将。源 知実(みなもと の ともざね)とも。多田源氏の惣領であった源頼盛の次男。兄に行綱(多田蔵人大夫)、弟に高頼(皇嘉門院蔵人)、高実(高松院蔵人)がいる。別名は多田二郎。『平家物語』巻四にある「源氏揃え」では兄の行綱が鹿ケ谷の陰謀による密告を批判される一方、摂津国の源氏として弟の高頼や太田頼基らと共に「多田次郎朝実」としてその名が挙げられているが、詳しい事跡は全く不明であり早逝した可能性が高い。『尊卑分脈』によると判官代を務めていたとされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1490428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55430290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 多田 知実(ただ ともざね、生没年不詳)は、平安時代末期の武将。源 知実(みなもと の ともざね)とも。多田源氏の惣領であった源頼盛の次男。兄に行綱(多田蔵人大夫)、弟に高頼(皇嘉門院蔵人)、高実(高松院蔵人)がいる。別名は多田二郎。『平家物語』巻四にある「源氏揃え」では兄の行綱が鹿ケ谷の陰謀による密告を批判される一方、摂津国の源氏として弟の高頼や太田頼基らと共に「多田次郎朝実」としてその名が挙げられているが、詳しい事跡は全く不明であり早逝した可能性が高い。『尊卑分脈』によると判官代を務めていたとされる。
rdfs:label
  • 多田知実
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of