Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 境界要素法(きょうかいようそほう、英: boundary element method、BEM)とは、汎用性の高い離散化解析手法の1つで、有限差分法、有限体積法、有限要素法と並び、汎用離散化解析手法の主要3解法の1つとして理工学の分野で受け入れられている。電子計算機の発明・発展以前から進められてきた、応用数学分野における積分方程式論の研究に端を発していることもあり、境界積分方程式法(Boundary Integral Equation Method、BIEM)と呼ばれることもある。電磁気学の電磁界解析では、境界要素法と同じ意味で、モーメント法(Method of Moments、MOM)と呼ばれることもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50435203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 境界要素法(きょうかいようそほう、英: boundary element method、BEM)とは、汎用性の高い離散化解析手法の1つで、有限差分法、有限体積法、有限要素法と並び、汎用離散化解析手法の主要3解法の1つとして理工学の分野で受け入れられている。電子計算機の発明・発展以前から進められてきた、応用数学分野における積分方程式論の研究に端を発していることもあり、境界積分方程式法(Boundary Integral Equation Method、BIEM)と呼ばれることもある。電磁気学の電磁界解析では、境界要素法と同じ意味で、モーメント法(Method of Moments、MOM)と呼ばれることもある。
rdfs:label
  • 境界要素法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of