Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 国連宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)は、スプートニクが打ち上げられた直後の1958年に暫定的に発足した国際連合の委員会である。1959年の国際連合決議「宇宙空間の平和利用に関する国際協力」1472 (XIV)で、常設委員会として正式に設立された。COPUOSの任務は、「宇宙空間の研究に対する援助、情報の交換、宇宙空間の平和利用のための実際的方法及び法律問題の検討を行い、これらの活動の報告を国連総会に提出すること」である。下には科学技術小委員会と法律小委員会という2つの小委員会が設置されている。COPUOSは、以下の5つの条約及び協定を監督している。宇宙条約宇宙救助返還協定宇宙損害責任条約宇宙物体登録条約月その他の天体における国家活動を律する協定
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2156372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58900291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 国連宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)は、スプートニクが打ち上げられた直後の1958年に暫定的に発足した国際連合の委員会である。1959年の国際連合決議「宇宙空間の平和利用に関する国際協力」1472 (XIV)で、常設委員会として正式に設立された。COPUOSの任務は、「宇宙空間の研究に対する援助、情報の交換、宇宙空間の平和利用のための実際的方法及び法律問題の検討を行い、これらの活動の報告を国連総会に提出すること」である。下には科学技術小委員会と法律小委員会という2つの小委員会が設置されている。COPUOSは、以下の5つの条約及び協定を監督している。宇宙条約宇宙救助返還協定宇宙損害責任条約宇宙物体登録条約月その他の天体における国家活動を律する協定
rdfs:label
  • 国連宇宙空間平和利用委員会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of