古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は、日本の法医学者。医学博士。日本学士院会員。東京大学名誉教授。科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。日本の法医学の草分けの一人である。ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。その一方でその鑑定方法には疑問が持たれるものもあり、冤罪事件への影響の大きさでも知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は、日本の法医学者。医学博士。日本学士院会員。東京大学名誉教授。科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。日本の法医学の草分けの一人である。ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。その一方でその鑑定方法には疑問が持たれるものもあり、冤罪事件への影響の大きさでも知られる。 (ja)
  • 古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は、日本の法医学者。医学博士。日本学士院会員。東京大学名誉教授。科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。日本の法医学の草分けの一人である。ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。その一方でその鑑定方法には疑問が持たれるものもあり、冤罪事件への影響の大きさでも知られる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 343104 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7953 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80094993 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --07-16
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1975年没 (ja)
  • 人1975年没 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は、日本の法医学者。医学博士。日本学士院会員。東京大学名誉教授。科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。日本の法医学の草分けの一人である。ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。その一方でその鑑定方法には疑問が持たれるものもあり、冤罪事件への影響の大きさでも知られる。 (ja)
  • 古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は、日本の法医学者。医学博士。日本学士院会員。東京大学名誉教授。科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。日本の法医学の草分けの一人である。ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。その一方でその鑑定方法には疑問が持たれるものもあり、冤罪事件への影響の大きさでも知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 古畑種基 (ja)
  • 古畑種基 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of