Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 北畠 顕成(きたばたけ あきなり)は、南北朝時代の公卿。贈右大臣北畠顕家の嫡男である。南朝に仕えたが、事績には不明な点が多い。後世の所伝では、『太平記』作者の一人、また浪岡氏や村上水軍の祖に擬せられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2676896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58785351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 顕成、師顕、女子
prop-ja:
  • 顕元、親成、覚杲 他
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • (伝)恵林院義峰仁裕
prop-ja:改名
  • 行意(法名)?
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 不詳
prop-ja:氏名
  • 北畠顕成
prop-ja:氏族
  • 村上源氏中院流、北畠家
prop-ja:父母
  • 父:北畠顕家、母:日野資朝女?
prop-ja:生誕
  • 建武2年(1335年)?
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 北畠 顕成(きたばたけ あきなり)は、南北朝時代の公卿。贈右大臣北畠顕家の嫡男である。南朝に仕えたが、事績には不明な点が多い。後世の所伝では、『太平記』作者の一人、また浪岡氏や村上水軍の祖に擬せられる。
rdfs:label
  • 北畠顕成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of