Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 刺激の貧困(しげきのひんこん、英: poverty of the stimulus)は、言語学の生成文法で唱えられる概念。名称は生成文法の首唱者ノーム・チョムスキーが1980年に出した著書『Rules and representations』による。言語の文法に生得性があることを主張するための問題の提起である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 624264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47096841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 刺激の貧困(しげきのひんこん、英: poverty of the stimulus)は、言語学の生成文法で唱えられる概念。名称は生成文法の首唱者ノーム・チョムスキーが1980年に出した著書『Rules and representations』による。言語の文法に生得性があることを主張するための問題の提起である。
rdfs:label
  • 刺激の貧困
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableIdea of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableIdeas of
is foaf:primaryTopic of