Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 佐々木 重綱(ささき しげつな)は、鎌倉時代前期から中期にかけての御家人。近江大原氏の祖であることから、大原重綱ともいわれる。佐々木信綱の長男で高島高信、六角泰綱、京極氏信の兄。鎌倉幕府に仕え、承久の乱では父と共に北条泰時の東上軍に従って入京し、宇治川の戦いでは先陣を務める武功を挙げた。乱の後は4代将軍九条頼経の近習として仕えた。しかし1242年(仁治3年)に父が死去すると、父の生前に家督と所領を譲られていた弟の泰綱と抗争し、1243年(寛元元年)には幕府に対して訴訟を起こし、幕府により泰綱の近江国内における所領を譲り受けている。このため、佐々木氏の勢力の分散化が始まった。1267年(文永4年)6月14日に死去。享年61。
dbpedia-owl:alias
  • 太郎
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1389390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45056427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 重綱、高信、泰綱、氏信
prop-ja:別名
  • 太郎
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:幕府
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-14
prop-ja:氏名
  • 佐々木重綱/大原重綱
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:佐々木信綱
prop-ja:生誕
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 佐々木 重綱(ささき しげつな)は、鎌倉時代前期から中期にかけての御家人。近江大原氏の祖であることから、大原重綱ともいわれる。佐々木信綱の長男で高島高信、六角泰綱、京極氏信の兄。鎌倉幕府に仕え、承久の乱では父と共に北条泰時の東上軍に従って入京し、宇治川の戦いでは先陣を務める武功を挙げた。乱の後は4代将軍九条頼経の近習として仕えた。しかし1242年(仁治3年)に父が死去すると、父の生前に家督と所領を譲られていた弟の泰綱と抗争し、1243年(寛元元年)には幕府に対して訴訟を起こし、幕府により泰綱の近江国内における所領を譲り受けている。このため、佐々木氏の勢力の分散化が始まった。1267年(文永4年)6月14日に死去。享年61。
rdfs:label
  • 佐々木重綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 佐々木重綱/大原重綱
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of