Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 住民基本台帳法(じゅうみんきほんだいちょうほう)は、住民基本台帳の制度を定める日本の法律である。住民基本台帳の制度により住民の利便を増進するとともに、国及び地方公共団体の行政の合理化に資することを目的とする(1条)。住民登録法(昭和26年法律第218号。住民基本台帳法附則第2条により1967年(昭和42)11月10日廃止。)に代わって制定された。通称住基法。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 253129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58810360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 住民基本台帳の作成と利用
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --07-25
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • 住基法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 住民基本台帳法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 住民基本台帳法(じゅうみんきほんだいちょうほう)は、住民基本台帳の制度を定める日本の法律である。住民基本台帳の制度により住民の利便を増進するとともに、国及び地方公共団体の行政の合理化に資することを目的とする(1条)。住民登録法(昭和26年法律第218号。住民基本台帳法附則第2条により1967年(昭和42)11月10日廃止。)に代わって制定された。通称住基法。
rdfs:label
  • 住民基本台帳法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of