Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 仮想粒子(かそうりゅうし、virtual particle)とは、粒子(素粒子)間の反応の際の中間過程において現れ(=生成し消滅し)、その実在を考慮しなくてはならない(= virtual)粒子を指す。場の量子論に従い反応に関する量を計算する際には、この実在を考慮することによって、始めて正しい答えが得られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 395916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58392436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 仮想粒子(かそうりゅうし、virtual particle)とは、粒子(素粒子)間の反応の際の中間過程において現れ(=生成し消滅し)、その実在を考慮しなくてはならない(= virtual)粒子を指す。場の量子論に従い反応に関する量を計算する際には、この実在を考慮することによって、始めて正しい答えが得られる。
rdfs:label
  • 仮想粒子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of