Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 今帰仁 朝敷(なきじん ちょうふ、道光27年6月4日(1847年7月15日) - 大正4年(1915年)8月11日)は、琉球王国第二尚氏王統第18代・尚育王の三男で、今帰仁御殿の元祖。廃藩置県後は男爵。王国時代、正式には今帰仁王子朝敷と称する。童名は思樽金、唐名は尚弼。尚育王の三男として生まれる。最初具志川王子と称し、1869年(同治8年)、今帰仁間切(現・今帰仁村)の按司地頭に転任したので、今帰仁王子と称した。1875年(明治8年)、病気の兄・尚泰王に代わって、琉球処分官・松田道之の応対にあたった。1890年(明治23年)、男爵に叙せられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2643634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56790420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 今帰仁 朝敷(なきじん ちょうふ、道光27年6月4日(1847年7月15日) - 大正4年(1915年)8月11日)は、琉球王国第二尚氏王統第18代・尚育王の三男で、今帰仁御殿の元祖。廃藩置県後は男爵。王国時代、正式には今帰仁王子朝敷と称する。童名は思樽金、唐名は尚弼。尚育王の三男として生まれる。最初具志川王子と称し、1869年(同治8年)、今帰仁間切(現・今帰仁村)の按司地頭に転任したので、今帰仁王子と称した。1875年(明治8年)、病気の兄・尚泰王に代わって、琉球処分官・松田道之の応対にあたった。1890年(明治23年)、男爵に叙せられた。
rdfs:label
  • 今帰仁朝敷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of