Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 今出川 実種(いまでがわ さねたね)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿。宝暦10年(1760年)に今出川公言の養子となり、同年に叙爵。以降累進して侍従・左近衛権少将・右近衛権中将を経て、明和3年(1766年)に従三位となり、公卿に列する。その後踏歌節会外弁や権中納言を経て、安永4年(1775年)に従二位権大納言、また大歌所別当となる。翌年に別当を辞す。安永8年(1779年)には内教坊別当となる。寛政10年(1798年)には内大臣と右近衛大将に任じられたが、翌年に職を辞した。寛政12年(1800年)に従一位を授与された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1551259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 40487755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 後一林院(号)
prop-ja:
  • 正室:国姫(徳川宗翰の娘)
prop-ja:
  • 尚季、益季、光子(徳大寺公迪室)
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-22
prop-ja:氏名
  • 今出川実種
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:西園寺公晃、養父:今出川公言
prop-ja:生誕
  • --06-04
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 今出川 実種(いまでがわ さねたね)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿。宝暦10年(1760年)に今出川公言の養子となり、同年に叙爵。以降累進して侍従・左近衛権少将・右近衛権中将を経て、明和3年(1766年)に従三位となり、公卿に列する。その後踏歌節会外弁や権中納言を経て、安永4年(1775年)に従二位権大納言、また大歌所別当となる。翌年に別当を辞す。安永8年(1779年)には内教坊別当となる。寛政10年(1798年)には内大臣と右近衛大将に任じられたが、翌年に職を辞した。寛政12年(1800年)に従一位を授与された。
rdfs:label
  • 今出川実種
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of