Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一式十二・七粍固定機関砲(いっしきじゅうにぃてんななみりこていきかんほう) ホ103(ホ一〇三)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の航空機関砲。一式固定機関砲、一式機関砲とも太平洋戦争(大東亜戦争)における帝国陸軍の主力航空機関砲として、戦闘機のみならず多くの機体に搭載され使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1975799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58399338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 12.700000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1267.0
prop-ja:口径
  • 12.7
prop-ja:名称
  • ホ103 一式十二・七粍固定機関砲
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 800 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 250 (xsd:integer)
  • 270 (xsd:integer)
  • 350 (xsd:integer)
  • ベルト給弾式
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • ホ103 一式十二・七粍固定機関砲
  • (アメリカ国立航空宇宙博物館別館収蔵展示品)
prop-ja:重量
  • 23.0
prop-ja:銃口初速
  • 780.0
prop-ja:銃身長
  • 800.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一式十二・七粍固定機関砲(いっしきじゅうにぃてんななみりこていきかんほう) ホ103(ホ一〇三)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の航空機関砲。一式固定機関砲、一式機関砲とも太平洋戦争(大東亜戦争)における帝国陸軍の主力航空機関砲として、戦闘機のみならず多くの機体に搭載され使用された。
rdfs:label
  • 一式十二・七粍固定機関砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of