Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』三部作は、ピーター・ジャクソン監督による叙事詩的ファンタジー・ドラマ映画である。三部作は『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring)、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(The Lord of the Rings: The Two Towers)、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(The Lord of the Rings: The Return of the King)から成り、2001年12月から2003年にかけて世界で公開された。これらはJ・R・R・トールキンのファンタジー小説『指輪物語』を原作とし、ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンらが脚色した。物語は中つ国を舞台とし、ホビットのフロド・バギンズを含む旅の仲間が一つの指輪を壊し、冥王サウロンの滅ぼす冒険を描く。出演は、イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、オーランド・ブルーム、リヴ・タイラー、ジョン・リス=デイヴィス、ショーン・ビーン、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、アンディ・サーキス、ケイト・ブランシェット、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イアン・ホルム、ジョン・ノーブル、バーナード・ヒル、デビッド・ウェナム、ミランダ・オットー、カール・アーバン、ブラッド・ドゥーリフらである。全3作は批評家から広く支持された。トロント映画批評家協会は三部作の功績に関してジャクソンに「特別表彰状」を与え、オースティン映画批評家協会は三部作合わせて2000年代のベスト映画で3位とした。三部作はアカデミー賞で30のノミネートを受け、内17が受賞に至った。特に『王の帰還』は『タイタニック』、『ベン・ハー』と並んで史上最多となる11受賞を果たした。また『王の帰還』はアカデミー作品賞を受賞した唯一のファンタジー映画である。演技では全米映画俳優組合賞キャスト賞とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞キャスト賞を受賞し、また、マッケラン(12ノミネート)、サーキス(10ノミネート)、オースティン(9ノミネート)、モーテンセン(5ノミネート)らが主に評価されている。作曲家のハワード・ショアは三部作すべての音楽を手がけ、アカデミー賞を2回、グラミー賞を3回受賞している。三部作はまた、編集、録音、視覚効果など様々な技術分野で賞賛を受けている。ウォルシュ、ボウエン、ジャクソンは脚本関連の賞に23回ノミネートされ、そのうちアカデミー脚本賞(『王の帰還』)を含む10回が受賞に至った。三部作合計で455回のノミネートを受け、内、249回が受賞に至っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2688176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 88763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59021859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』三部作は、ピーター・ジャクソン監督による叙事詩的ファンタジー・ドラマ映画である。三部作は『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring)、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(The Lord of the Rings: The Two Towers)、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(The Lord of the Rings: The Return of the King)から成り、2001年12月から2003年にかけて世界で公開された。これらはJ・R・R・トールキンのファンタジー小説『指輪物語』を原作とし、ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンらが脚色した。物語は中つ国を舞台とし、ホビットのフロド・バギンズを含む旅の仲間が一つの指輪を壊し、冥王サウロンの滅ぼす冒険を描く。出演は、イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、オーランド・ブルーム、リヴ・タイラー、ジョン・リス=デイヴィス、ショーン・ビーン、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、アンディ・サーキス、ケイト・ブランシェット、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イアン・ホルム、ジョン・ノーブル、バーナード・ヒル、デビッド・ウェナム、ミランダ・オットー、カール・アーバン、ブラッド・ドゥーリフらである。全3作は批評家から広く支持された。トロント映画批評家協会は三部作の功績に関してジャクソンに「特別表彰状」を与え、オースティン映画批評家協会は三部作合わせて2000年代のベスト映画で3位とした。三部作はアカデミー賞で30のノミネートを受け、内17が受賞に至った。特に『王の帰還』は『タイタニック』、『ベン・ハー』と並んで史上最多となる11受賞を果たした。また『王の帰還』はアカデミー作品賞を受賞した唯一のファンタジー映画である。演技では全米映画俳優組合賞キャスト賞とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞キャスト賞を受賞し、また、マッケラン(12ノミネート)、サーキス(10ノミネート)、オースティン(9ノミネート)、モーテンセン(5ノミネート)らが主に評価されている。作曲家のハワード・ショアは三部作すべての音楽を手がけ、アカデミー賞を2回、グラミー賞を3回受賞している。三部作はまた、編集、録音、視覚効果など様々な技術分野で賞賛を受けている。ウォルシュ、ボウエン、ジャクソンは脚本関連の賞に23回ノミネートされ、そのうちアカデミー脚本賞(『王の帰還』)を含む10回が受賞に至った。三部作合計で455回のノミネートを受け、内、249回が受賞に至っている。
rdfs:label
  • ロード・オブ・ザ・リングシリーズの受賞とノミネートの一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of