Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロイヤル・ソブリン(HMS Royal Sovereign)はイギリス海軍の100門1等戦列艦。トラファルガーの海戦でカスバート・コリングウッド提督の旗艦であったことで有名である。ロイヤル・ソブリンの名を持つ艦としては3代目で、設計はエドワード・ハント卿による。1786年9月11日にプリマス工廠で進水し、建造費は67,458ポンドだった。同型艦はない。1795年6月16日、ウィリアム・コーンウォリス中将の旗艦として「コーンウォリスの退却」に参加する。ロイヤル・ソブリンは1805年10月21日のトラファルガーで最初に戦闘を開始した艦だった。もう一方の先頭艦はホレーショ・ネルソンのヴィクトリーである。船体の銅板をカディス到着前に張り替えていたため、海戦当日のような微風でもロイヤル・ソブリンは他の艦より高い速力を発揮することが出来た。そのため先陣を切ることになったのだ。艦が敵戦列に突入しスペイン艦サンタ・アナと交戦を開始したのを見てネルソンはロイヤル・ソブリンを指差して「コリングウッドのすばらしい戦い方を見たまえ!」と賞賛し、コリングウッドは艦長に「ネルソンはこの場にいたかっただろうね」と発言した。ロイヤル・ソブリンはスペイン艦隊に廃船同然に打ちすくめられたが、サンタ・アナを降伏させることに成功し後続艦が到着するまで持ちこたえた。1825年8月17日にキャプテンと改名されているが、それ以前に現役から外れプリマス港内で新兵の宿舎として利用されていたようだ。1826年6月には廃船となり、最終的1841年8月28日に解体された。備砲のうち4門は保存され、タインマスのコリングウッド記念碑の一部として利用されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1505900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57066373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロイヤル・ソブリン(HMS Royal Sovereign)はイギリス海軍の100門1等戦列艦。トラファルガーの海戦でカスバート・コリングウッド提督の旗艦であったことで有名である。ロイヤル・ソブリンの名を持つ艦としては3代目で、設計はエドワード・ハント卿による。1786年9月11日にプリマス工廠で進水し、建造費は67,458ポンドだった。同型艦はない。1795年6月16日、ウィリアム・コーンウォリス中将の旗艦として「コーンウォリスの退却」に参加する。ロイヤル・ソブリンは1805年10月21日のトラファルガーで最初に戦闘を開始した艦だった。もう一方の先頭艦はホレーショ・ネルソンのヴィクトリーである。船体の銅板をカディス到着前に張り替えていたため、海戦当日のような微風でもロイヤル・ソブリンは他の艦より高い速力を発揮することが出来た。そのため先陣を切ることになったのだ。艦が敵戦列に突入しスペイン艦サンタ・アナと交戦を開始したのを見てネルソンはロイヤル・ソブリンを指差して「コリングウッドのすばらしい戦い方を見たまえ!」と賞賛し、コリングウッドは艦長に「ネルソンはこの場にいたかっただろうね」と発言した。ロイヤル・ソブリンはスペイン艦隊に廃船同然に打ちすくめられたが、サンタ・アナを降伏させることに成功し後続艦が到着するまで持ちこたえた。1825年8月17日にキャプテンと改名されているが、それ以前に現役から外れプリマス港内で新兵の宿舎として利用されていたようだ。1826年6月には廃船となり、最終的1841年8月28日に解体された。備砲のうち4門は保存され、タインマスのコリングウッド記念碑の一部として利用されている。
rdfs:label
  • ロイヤル・ソブリン (戦列艦・3代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of