Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルイーゼ・フォン・プロイセン(ドイツ語: Luise von Preußen, 1838年12月3日 - 1923年4月23日)は、プロイセン王国の王族。ヴィルヘルム1世の長女で、バーデン大公フリードリヒ1世の妃となった。全名はルイーゼ・マリー・エリーザベト(Luise Marie Elisabeth)。1838年12月3日、のちのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世とその妃でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの娘であるアウグスタの間に第2子としてベルリンで誕生。兄はのちの皇帝フリードリヒ3世。1856年9月20日、バーデン大公フリードリヒ1世と結婚。2男1女をもうけた。 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・レオポルト・アウグスト (1857年 - 1928年) - バーデン大公 ゾフィー・マリー・ヴィクトリア (1862年 - 1930年) - スウェーデン王グスタフ5世妃 ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・カール・フリードリヒ・ベルトルート (1865年 - 1888年)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1384308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54924324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルイーゼ・フォン・プロイセン(ドイツ語: Luise von Preußen, 1838年12月3日 - 1923年4月23日)は、プロイセン王国の王族。ヴィルヘルム1世の長女で、バーデン大公フリードリヒ1世の妃となった。全名はルイーゼ・マリー・エリーザベト(Luise Marie Elisabeth)。1838年12月3日、のちのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世とその妃でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの娘であるアウグスタの間に第2子としてベルリンで誕生。兄はのちの皇帝フリードリヒ3世。1856年9月20日、バーデン大公フリードリヒ1世と結婚。2男1女をもうけた。 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・レオポルト・アウグスト (1857年 - 1928年) - バーデン大公 ゾフィー・マリー・ヴィクトリア (1862年 - 1930年) - スウェーデン王グスタフ5世妃 ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・カール・フリードリヒ・ベルトルート (1865年 - 1888年)
rdfs:label
  • ルイーゼ・フォン・プロイセン (1838-1923)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of