Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マハー・アヴァター・ババジ(Maha Avatar Babaji、伝承としては203年11月30日 - )とは、ヒマラヤで隠棲している不老不死の聖者、ヨーガ行者。マハーは、「偉大な」を意味し、アヴァターは、「神の化身」を意味し、ババジは、「聖父」を意味する。クリヤー・ババジ・ナガラジ、シヴァ・ババなどの別称もある。彼の生来の名前はナガラジである。パラマハンサ・ヨガナンダの著書『あるヨギの自叙伝』(森北出版)で触れられたことで世に知られるようになった。単にババジとも呼ばれる。ババジサンガの主神はシヴァ神であり、支持者の中にはババジを弥勒菩薩と同一視する者もいる。森北出版の『ババジ伝』には彼を写した写真も多く掲載されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1285997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50629082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マハー・アヴァター・ババジ(Maha Avatar Babaji、伝承としては203年11月30日 - )とは、ヒマラヤで隠棲している不老不死の聖者、ヨーガ行者。マハーは、「偉大な」を意味し、アヴァターは、「神の化身」を意味し、ババジは、「聖父」を意味する。クリヤー・ババジ・ナガラジ、シヴァ・ババなどの別称もある。彼の生来の名前はナガラジである。パラマハンサ・ヨガナンダの著書『あるヨギの自叙伝』(森北出版)で触れられたことで世に知られるようになった。単にババジとも呼ばれる。ババジサンガの主神はシヴァ神であり、支持者の中にはババジを弥勒菩薩と同一視する者もいる。森北出版の『ババジ伝』には彼を写した写真も多く掲載されている。
rdfs:label
  • マハー・アヴァター・ババジ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of