Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マイクロファイバー(microfiber)は化学的に組成された8マイクロメートル以下の極細のナイロンやポリエステルなどの繊維で、木綿と同等以上の吸水性や通気性・保温性を持たせた素材。繊維断面が鋭角や多角形の形状をなしているため、きわめて細かいチリを繊維表面に取り込む性能を持つ。その機能性を活かして、メガネなどの光学レンズや自動車のボデーやガラスなどの拭取り用クロスにも多用されている。合成繊維の特質で速乾性などの点でもすぐれ、着用感も快適である事からスポーツウェアや下着類、衣料品、寝具にも最近では多く用いられる。ただし繊維の細さから耐久性が低いという欠点がある。起毛加工されたマイクロファイバー壁面による乱流摩擦抵抗低減効果が報告されているが、そのメカニズムは未だ不明である。アメリカのデュポン社など、多数の化学メーカーがこのジャンルの研究に参入している現状がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 278694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58110602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cleanup
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikify
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:出典の明記
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2011 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マイクロファイバー(microfiber)は化学的に組成された8マイクロメートル以下の極細のナイロンやポリエステルなどの繊維で、木綿と同等以上の吸水性や通気性・保温性を持たせた素材。繊維断面が鋭角や多角形の形状をなしているため、きわめて細かいチリを繊維表面に取り込む性能を持つ。その機能性を活かして、メガネなどの光学レンズや自動車のボデーやガラスなどの拭取り用クロスにも多用されている。合成繊維の特質で速乾性などの点でもすぐれ、着用感も快適である事からスポーツウェアや下着類、衣料品、寝具にも最近では多く用いられる。ただし繊維の細さから耐久性が低いという欠点がある。起毛加工されたマイクロファイバー壁面による乱流摩擦抵抗低減効果が報告されているが、そのメカニズムは未だ不明である。アメリカのデュポン社など、多数の化学メーカーがこのジャンルの研究に参入している現状がある。
rdfs:label
  • マイクロファイバー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of