Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピアノと管絃楽のための「リトミカ・オスティナータ」(Ritmica ostinata per pianoforte ed orchestra)は、伊福部昭が作曲したピアノ協奏曲。1961年に完成。1971年には2台ピアノのために編曲。1楽章形式。リトミカ・オスティナータとは、「執拗に反復する律動的な音楽」という意味である。文字通り、五拍子や七拍子といった日本語の韻文の奇数律動をモチーフに、六音音階による旋律が反復されるダイナミックな楽曲である。中国で見た四方の壁全面に仏像がはめ込まれた堂の迫力と感動が、創作のヒントとなったという。初演は1961年10月9日、東京交響楽団の定期演奏会にて、上田仁指揮、金井裕のピアノによって行われた。戦災によって楽譜が失われていた『ピアノと管絃楽のための協奏風交響曲』(1941年)から一部を引用している。これはもう一つの代表作『シンフォニア・タプカーラ』(1954/1979年)にも同じことが言える。後に『協奏風交響曲』は1997年にNHKの資料庫からパート譜が揃って発見され、蘇演された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 805954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50291618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピアノと管絃楽のための「リトミカ・オスティナータ」(Ritmica ostinata per pianoforte ed orchestra)は、伊福部昭が作曲したピアノ協奏曲。1961年に完成。1971年には2台ピアノのために編曲。1楽章形式。リトミカ・オスティナータとは、「執拗に反復する律動的な音楽」という意味である。文字通り、五拍子や七拍子といった日本語の韻文の奇数律動をモチーフに、六音音階による旋律が反復されるダイナミックな楽曲である。中国で見た四方の壁全面に仏像がはめ込まれた堂の迫力と感動が、創作のヒントとなったという。初演は1961年10月9日、東京交響楽団の定期演奏会にて、上田仁指揮、金井裕のピアノによって行われた。戦災によって楽譜が失われていた『ピアノと管絃楽のための協奏風交響曲』(1941年)から一部を引用している。これはもう一つの代表作『シンフォニア・タプカーラ』(1954/1979年)にも同じことが言える。後に『協奏風交響曲』は1997年にNHKの資料庫からパート譜が揃って発見され、蘇演された。
rdfs:label
  • ピアノと管絃楽のための「リトミカ・オスティナータ」
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of