Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パルマ・デ・マヨルカ空港(スペイン語: Aeropuerto de Palma de Mallorca)(IATA: PMI, ICAO: LEPA)はパルマ・デ・マヨルカの約8km東に位置する国際空港である。ソン・サン・ジョアン国際空港(Aeropuerto Internacional de Son Sant Joan)の名称でも知られている。パルマ・デ・マヨルカ空港はスペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港、バルセロナ・エル・プラット国際空港に続く、3番目に旅客数の多い空港である。夏のバカンスシーズンには、旅行者で空港はヨーロッパでも最も混雑する空港の一つとなる。当空港はドイツの航空会社であるエア・ベルリンがハブ空港としている。パルマ・デ・マリョルカ空港と表記されることもある。空港の面積は6.3km2を占め、急速な旅客数の増加に合わせて、1965年にターミナルAが、1972年にターミナルBが整備されている。地元建築家ペレ・ニコラウス・ベレット設計によるメインターミナルは、公式には1997年4月12日に開業している。現在、4つのゲートエリアで構成され、ターミナルAはほとんどが国内線に供用され、ターミナルB、C、Dは国際線に供用されている。就航路線はスペイン国内やヨーロッパ域内となっている。空港の処理能力は年間2,500万人で、1時間当たり12,000人の旅客を取り扱うことが可能である。旅客数の増加分を含め2010年までに3,200万人、2015年までに3,800万人の旅客数を扱うことが出来るようにする拡張計画がある。
dbpedia-owl:elevation
  • 8.000000 (xsd:double)
  • 28.041600 (xsd:double)
dbpedia-owl:iataLocationIdentifier
  • PMI
dbpedia-owl:icaoLocationIdentifier
  • (スペイン国内での空港位置)
  • (バレアレス諸島州内での空港位置)
  • LEPA
dbpedia-owl:location
dbpedia-owl:runwayDesignation
  • 06L/24R
  • 06R/24L
dbpedia-owl:runwayLength
  • 3000.000000 (xsd:double)
  • 3270.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:runwaySurface
  • 舗装
dbpedia-owl:runwayWidth
  • 45.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1679837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58681485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:iata
  • PMI
prop-ja:icao
  • LEPA (スペイン国内での空港位置) (バレアレス諸島州内での空港位置)
prop-ja:ils滑走路
  • Yes
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイプ
  • 軍民共用
prop-ja:全幅滑走路
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:全長滑走路1Ft
  • 10728 (xsd:integer)
prop-ja:全長滑走路1M
  • 3270 (xsd:integer)
prop-ja:全長滑走路2Ft
  • 9842 (xsd:integer)
prop-ja:全長滑走路2M
  • 3000 (xsd:integer)
prop-ja:名前
  • パルマ・デ・マヨルカ空港
  • Aeropuerto de Palma de Mallorca
prop-ja:方向滑走路
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:標高Ft
  • 92 (xsd:integer)
prop-ja:標高M
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:経度分
  • 44 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 19.710000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 6.030000 (xsd:double)
prop-ja:表面滑走路
  • 舗装
prop-ja:設置場所
prop-ja:運営時間
  • 24.0
prop-ja:運営者
  • Aena
dcterms:subject
georss:point
  • 39.551675 2.738808333333333
rdf:type
rdfs:comment
  • パルマ・デ・マヨルカ空港(スペイン語: Aeropuerto de Palma de Mallorca)(IATA: PMI, ICAO: LEPA)はパルマ・デ・マヨルカの約8km東に位置する国際空港である。ソン・サン・ジョアン国際空港(Aeropuerto Internacional de Son Sant Joan)の名称でも知られている。パルマ・デ・マヨルカ空港はスペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港、バルセロナ・エル・プラット国際空港に続く、3番目に旅客数の多い空港である。夏のバカンスシーズンには、旅行者で空港はヨーロッパでも最も混雑する空港の一つとなる。当空港はドイツの航空会社であるエア・ベルリンがハブ空港としている。パルマ・デ・マリョルカ空港と表記されることもある。空港の面積は6.3km2を占め、急速な旅客数の増加に合わせて、1965年にターミナルAが、1972年にターミナルBが整備されている。地元建築家ペレ・ニコラウス・ベレット設計によるメインターミナルは、公式には1997年4月12日に開業している。現在、4つのゲートエリアで構成され、ターミナルAはほとんどが国内線に供用され、ターミナルB、C、Dは国際線に供用されている。就航路線はスペイン国内やヨーロッパ域内となっている。空港の処理能力は年間2,500万人で、1時間当たり12,000人の旅客を取り扱うことが可能である。旅客数の増加分を含め2010年までに3,200万人、2015年までに3,800万人の旅客数を扱うことが出来るようにする拡張計画がある。
rdfs:label
  • パルマ・デ・マヨルカ空港
owl:sameAs
geo:lat
  • 39.551674 (xsd:float)
geo:long
  • 2.738808 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • パルマ・デ・マヨルカ空港
  • Aeropuerto de Palma de Mallorca
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ハブ空港 of
is prop-ja:焦点都市 of
is foaf:primaryTopic of