Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハーレムハイツの戦い(英: Battle of Harlem Heights)は、アメリカ独立戦争のニューヨーク・ニュージャージー方面作戦中に行われた戦闘である。1776年9月16日に、現在ではニューヨーク市マンハッタン島のモーニングサイド・ハイツとウエスト・ハーレム地区で行われた。ジョージ・ワシントン将軍、ナサニエル・グリーン少将、およびイズラエル・パットナム少将の指揮する大陸軍、総勢1,800名が、アレクサンダー・レスリー少将の指揮する約5,000名のイギリス軍師団の攻撃に対して、マンハッタン島上流側の高台に置いた一連の陣地を守り抜いた。イギリス軍は追撃中に軽歩兵のラッパ手が「掛かれ」を意味する狐狩りの音を出したために戦術的な誤りを犯した。このことはワシントン自身が狐狩りがうまく、フレンチ・インディアン戦争のときにフェアファックス卿から習い覚えていたのを侮辱する意図があった。「掛かれ」は、狐が姿を表して猟犬から逃げ出したことを意味している。このとき秩序ある後退をしていた大陸軍はこれに怒ってその陣地を死守するために奮い立った。大陸軍はイギリス軍の側面を衝いた後、緩りとイギリス軍を押し戻した。イギリス軍が後退するとワシントンとその部隊は追撃を止めた。この戦いは幾度か敗北を喫していた大陸軍に自信を取り戻させることになった。この戦争の中でワシントンにとっては初の戦場での勝利となった。それから1ヶ月間両軍の間に大きな戦闘も無かった後で、イギリス軍がウェストチェスター郡に動きマンハッタンにいるワシントン軍を封じ込めようとしたので、ワシントンはホワイトプレインズまでその軍隊を引く必要があった。その後ワシントンはホワイトプレインズの戦い、ワシントン砦の戦いと2度の敗北を喫した。これらの敗北後ワシントンとその軍隊はニュージャージーを越えてペンシルベニアまでの退却を余儀なくされた。しかし、トレントンの戦いとプリンストンの戦いで大陸軍が勝利し、ニューヨーク・ニュージャージー方面作戦が終わった。
dbpedia-owl:casualties
  • 30 (xsd:integer)
  • 92 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • 大陸軍
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 大陸軍の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 5,000
  • 1,800
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2263983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58361023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ハーレムハイツの戦い(英: Battle of Harlem Heights)は、アメリカ独立戦争のニューヨーク・ニュージャージー方面作戦中に行われた戦闘である。1776年9月16日に、現在ではニューヨーク市マンハッタン島のモーニングサイド・ハイツとウエスト・ハーレム地区で行われた。ジョージ・ワシントン将軍、ナサニエル・グリーン少将、およびイズラエル・パットナム少将の指揮する大陸軍、総勢1,800名が、アレクサンダー・レスリー少将の指揮する約5,000名のイギリス軍師団の攻撃に対して、マンハッタン島上流側の高台に置いた一連の陣地を守り抜いた。イギリス軍は追撃中に軽歩兵のラッパ手が「掛かれ」を意味する狐狩りの音を出したために戦術的な誤りを犯した。このことはワシントン自身が狐狩りがうまく、フレンチ・インディアン戦争のときにフェアファックス卿から習い覚えていたのを侮辱する意図があった。「掛かれ」は、狐が姿を表して猟犬から逃げ出したことを意味している。このとき秩序ある後退をしていた大陸軍はこれに怒ってその陣地を死守するために奮い立った。大陸軍はイギリス軍の側面を衝いた後、緩りとイギリス軍を押し戻した。イギリス軍が後退するとワシントンとその部隊は追撃を止めた。この戦いは幾度か敗北を喫していた大陸軍に自信を取り戻させることになった。この戦争の中でワシントンにとっては初の戦場での勝利となった。それから1ヶ月間両軍の間に大きな戦闘も無かった後で、イギリス軍がウェストチェスター郡に動きマンハッタンにいるワシントン軍を封じ込めようとしたので、ワシントンはホワイトプレインズまでその軍隊を引く必要があった。その後ワシントンはホワイトプレインズの戦い、ワシントン砦の戦いと2度の敗北を喫した。これらの敗北後ワシントンとその軍隊はニュージャージーを越えてペンシルベニアまでの退却を余儀なくされた。しかし、トレントンの戦いとプリンストンの戦いで大陸軍が勝利し、ニューヨーク・ニュージャージー方面作戦が終わった。
rdfs:label
  • ハーレムハイツの戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ハーレムハイツの戦い
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is foaf:primaryTopic of